1月に、新聞に取り上げていただいた「縄文の鮭」

燻製のことです。

10年位前、北海道の縄文遺跡が、話題になった頃、

私には、小学校の頃、教わった依頼の話題でした。

この写真を撮ってくれた彼が、縄文時代から燻製はあったはずと言っていました。

それが、最近、本当に発見されたのです。

鹿児島県上野原縄文遺跡、燻製に使ったとされる遺跡、是非見に行きたいです。

この燻製の遺跡の事は、4年位前、訪ねて来てくれた方から、教わりました。

そして、一緒に縄文の燻製を作る事に、挑戦する事になりました。

社長とその方には、言葉では、語り尽くせぬ熱い思いがあり、熱い思いは後ほど

その燻製の試作、鮭の縄文燻製が出来上がりました。

まだ、試行錯誤が必要ですが、

12月から3月まで、4ヶ月もかかりました。

この時期しか、出来ない作業でした。

同じものは、また12月にならないと作れないでしょう

縄文燻製は、まだ志半ば、どんどん進化させなければ、ならないと考えています。